chef profile

takeshiro nishimura 

 

 

 securedownload[1].jpg

 

 

 西村料理研究所 代表  西村 武士郎

 

 

 

大阪の大学卒業後、パティシエとして調理のキャリアをスタートする。

 

その後いくつかのイタリアンやフレンチのレストランで研鑽を積み、32歳の時に3店舗を統括する料理長に。

 

飲食店のプロデュースやコンサルティング、フードコーディネートなど幅広く活動し、また、レコールバンタン大阪校で調理クラスの講師として若手の育成にも力を注ぐ。

 

 

 

一方、ヨーロッパやアメリカ、アフリカやアジアなど、度々訪れ世界の食文化に刺激を受ける。

 

 

 

2009年に※ジャパンキュイジーヌをテーマに西村料理研究所を立ち上げる。

 

2012年からアメリカのシアトルに渡り、イタリアンの名店Cascina Spinasseにて全てのセクションを任されるシェフとして活躍しつつ、ジャパンキュイジーヌの研究のためカリフォルニアキュイジーヌを学ぶ。

 

2014年に帰国しアメリカンスタイルのデリカテッセン、eight hills delicatessenをオープン。

 

 

 

ジャパンキュイジーヌとは、世界の食文化を真面目に取り入れて日本らしく表現するスタイルです。